伊賀忍者の頭目、服部半蔵の名は、代々受け継がれたものでした。初代半蔵保長が生まれたのは室町時代の後期、二代目半蔵正成が乱世を戦い抜き、主君、徳川家康が天下を取るまでには、およそ百年を要しました。この長い長い物語を書き綴るのが、本作です。
 


アクセスカウンター
2017.9 restart
             


2019年、おかげさまで作家生活20周年を迎えます。
これまでのご愛読、サポートに厚く御礼を申し上げます。



節目の年に何か特別なことがしたいと考え、催しを企画しました。

作家生活20周年ありがとう特別企画
ことばの相談会


メールとネットを通じて、皆様からのお悩み、ご質問などにおこたえする公開相談会です。「ことば」に関する2つのテーマでご相談を受け付けます。

1、コミュニケーションについて    2、文章の書き方について


1、コミュニケーション
長年、作家として言語表現に携わり、また、柳生新陰流の「人を切らない」コミュニケーション術を提唱する多田容子が、皆様のご相談を受け、独自の意見をお返しします。
「人を傷つけず、どうやって自分の意思を伝えるか」「家族、友人などとの対話に問題を感じる」「仕事でのコミュニケーションを改善したい」等々……。あなたの日常についてお聞かせ下さい。

2、文章の書き方
デビュー以来、小説をはじめノンフィクションやエッセイなど様々な文章を書いてきた経験を活かし、文章の書き方について助言いたします。「頭の中や心の内側にあることを、自由に文章にしたい」「仕事でもっとうまくメールや文書が書きたい」「SNSなどで独創的な表現がしたい」など……皆様の課題やご希望をお寄せ下さい。


ご相談内容の募集期間 : 2018年12月13日~2019年1月15日
料金 : 無料
ご相談方法 : こちらのアドレスにメールでお送り下さい→ tada-yoko@mbj.nifty.com
回答方法 : ご相談の中から、回答可能な数と内容を選定させていただきます。その上で、公式サイトおよびSNSにて、Q&Aの形で公開いたします。
ご相談者の情報 : お名前、年齢、性別、職業などを可能な範囲で記載して下さい。ペンネームでもけっこうです。実名をお書きいただいた場合でも、ネット公開時に、ご氏名を使用することはございません。イニシャルかペンネームでの表記となります。
ご氏名のほかに、年齢等、何か非公開にすべき情報がございましたら、メール内でご指示下さい。



講演、テレビ出演などに関して、ご依頼の受付コーナーを設けました。講演につきましては、これまでの活動実績や、お話できるテーマ等についても詳しくまとめました。 


ナチュラル新陰流講座

自然に、無理せず、穏やかに……。
日々の生き方をより自由に、豊かにするための兵法講座です。

武術の講座か、心理の講座か……分野分けにはこだわりません。
「武術」といえば、身体技法に偏りがち。道場には怖い人がたくさんいそうと思われがちです。
「心理」といえば机上の学問が確立され、西洋医学の一部のような印象がもたれがちです。
既存のイメージや枠を超え、もっと自然に、自分をまるごと大きく成長させる。そんな講座を創ってみたいと考えました。
兵法とは、意外性に富んだ発想の宝庫。自分の身を守る高等な知恵です。
相手を驚かせるような業を表出しつつ、自らは落ち着いて無事を保ちます。
本講座はスタイルも自由です。じっくりと見学し、講座を聴くも自由。稽古に参加するも自由。継続的に修行することも可能です。

2018年10月から東京深川で毎月開催!

柳生十兵衛の同僚、小笠原長俊の子孫がお届けする江戸柳生新陰流。

次回は 1月13日(日) です。
詳しくはこちらをご覧ください。                           
 

 今年の驚くべき発見について──2018年7月 
「武士の二言」を更新し、近況を記しました。



超長編 時代小説『忍びたちの百年』

            ──服部半蔵を書き続けて
3年あまり


このところ、ほとんど近況をお伝えせずに参りましたので、新作について少し書きたいと思います。

新しい小説は、『忍びたちの百年』。
徳川の天下取りを忍者の視点で描く服部半蔵の物語です。
超ロングストーリーを書きながら、伊賀で学んだこと、感じたこと、忍術の多様性など、すべてを表現しようと試みている作品です。 

2014年から構想開始、以来、忍者について学び、徳川の歴史について勉強し直し、新しい知識や視点を数多く得てきました。学びや気づきがある度、ストーリーを微修正、原稿を手直ししながら、試行錯誤の日々を送ってきました。
勉強をし過ぎて、史実ばかりを綴ってしまった時には、少し頭を休め、自由に創造的な場面を描きました。
長い間には、様々な困難もありましたが、おおむね楽しく、夢中で書き進めたという感じです。3年以上をかけ、原稿の量は3千枚近くに達しました。

もはや、服部半蔵の一家と毎日暮らしているような感覚です。初代、服部半蔵保長に目線を合わせていると、「鬼半蔵」と呼ばれた勇猛な二代目半蔵が、可愛く思えたりします。徳川家康でさえ、幼君として、守るべき存在という時期がありました。
更に振り返れば、初代半蔵もまた、赤子であり幼な子であり、青いところのある若者でした。作品の1巻目を見直すと、懐かしさを覚えます。
今なお未完とはいえ、感慨深く思えるほど、実に長い道のりでした。

ずっと水面下に寝かせていた作品が、そろそろ世に出たがっています。
年内には、何らかの形で発表したいと考えておりますので、今しばらくお待ち下さい。
               





BS-TBS「諸説あり!」に出演
放送 : 2018年2月3日(土)22時~22時54分
「忍者 知られざる正体



BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」に出演
放送 : 2016年7月7日(木)21時~22時
「徳川家康危機一髪!
決死の伊賀越えと忍者 服部半蔵の真実を追え!」



BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」に出演
放送 : 2016年4月7日(木)21時~22時
「徳川将軍家の兵法師範 
謎の剣豪・柳生一族の真実を追え!」



NHK・BSプレミアム「英雄たちの選択」に出演
テーマは徳川家康の「伊賀越え」
放送 : 2015年9月3日(木)午後8時~8時59分
(翌週10日(木)、朝8時~再放送)


NHKのドキュメンタリー番組「課外授業 ようこそ先輩」に出演
Eテレ 2015年5月29日(金)午後7時25分~48分
【再放送】月曜午後0時25分~48分
タイトル: 「忍者に学ぼう」
母校 : 兵庫県・尼崎市立園田小学校
 


 


時代小説作家、多田容子の公式サイトです。
このホームページの文書、写真等の無断複製・転載および改変を禁止いたします。